昨年(2016年)の8月に多くの人の憧れの地、スペイン・バルセロナとインターネットで結んで、そこに在住されている方を講師として、第1回世界教室を開催いたしました(http://syokusouzou.org/blog-entry-18.html)。しかし、その地でこのたびテロにより多くの方が犠牲になられました。深く哀悼の意を表します。

 中年福祉についてですが、8月19日、20日に行われた 第58回日本社会医学会総会 において、聖徳大学短期大学部の 檜垣昌也先生 が、NPO法人職業創造センターの活動レビューやインタビューから 「中年福祉」 の概念化とその意義を考察し、発表をしてくださいました。その抄録については

第58回日本社会医学会総会専用ページ
https://socmed58.wixsite.com/socmed58

から「講演集ダウンロード」をクリックし、解凍してご覧いただけます。

 檜垣先生の 「 『中年福祉』 概念の意義と可能性 」 は、講演集PDFファイルの75ページ、講演集のページ数で71ページに掲載されています。発表内容の詳細については、しばらくして檜垣先生が作成されるホームページにてご覧いただけるようになると思います。

 日本社会医学会のホームページには「本学会での報告が、社会やマスコミから注目され問題解決の糸口になったことも少なくありません」と出ています。

 檜垣先生の発表用パワーポイント資料には 「広い支援の必要性」 が書かれていました。私(森山)は、大げさな言い方ですが、「広い支援」こそ国や国民が妙な方向に走らない礎であると考えています。


イベント後1ヶ月、中年福祉の動きです

comment iconコメント

コメントの投稿